ティッシュカバーカップホルダー兼用

『カピンコ』は主に屋外での使用に効果を発揮するカップ入り飲食物用携帯ホルダーで『どの世代からも常時携行したい』と注目される超軽量(15g)コンパクト便利グッズです。

なぜ『カピンコ』 

熱いスープで満たされたカップメンや冷たい飲料をいれた紙コップなどを持った時『これ、何とかならないかな?』と不満を感じた経験はないですか。

  そんな不満を解消して『アウトドアライフの飲食はもっと楽しい!』を実現したのが『カピンコ』です。

どんな容器に使えるの?

 コンビニやカフェでのテイクアウトに、ビール祭りをはじめとする各種イベント(広告効果抜群)に、カップメンは普通~ビッグサイズまでカピンコは単独でカバーします。

 ※以外!ポップコーンやフライドポテトなどの菓子類に。軽くても大きな容器は子供には大きなビアジョッキ―と同じです。大人には気が付かない不満かも知れません。

冷たい飲食物も得意!

カップホルダーは“熱い飲食物用”と思われがちですが冷たい物も得意です。

カピンコは冷たい飲料を入れた容器を保持するのが有効だ。手が冷たくならない、水滴で手が濡れない、手の温もりで飲料が温まない・・・氷で試してみればその効果は一瞬でわかる。氷は食べ終わるまで0度を維持、持ち続けるのは辛いもの。
カピンコは冷たい飲料が特に有効

・手が水滴で濡れない。

・手の温もりで氷が解けない。

・手の温もりで温まない。

・中が見えて美味しくみえる。

・長時間持っていられる。

など、カップメンより使う場面は多いように思われます。

カピンコとポケットティッシュは相性抜群

ポケットティッシュサイズで超コンパクト!

使い方は簡単。カップの代わりにポケットティッシュをセットして両側の抑え片で留めるだけ(右上段)。

 車のサンバイザーやドア上部のサイドグリップに挟んでおけば前方を見たまま運転に支障なくティッシュに手が届きます(画像下段)。

収納場所に困らないポッケもんサイズ

薄く潰せるのでジーンズの尻ポケットにもフィット・・・まさにポッケもん!

 書類用バッグにも収納可です。

 

リュックは勿論のことレディースバッグにも似合います。

 

コンパクトが長所のポケットティッシュは小さすぎてイザという時にすぐに取り出せない事が意外な欠点。カピンコの長所は一目で居場所を知らせてくれる適度なサイズ。イザという時にも一発で取り出せます!

一年中季節に関係なく使える

 季節に関係なく“コンパクトな収納”と“便利”を行ったり来たりです。

カップホルダーは“常時携行できる気軽さ”が命『どんなに便利でも持ち歩くのが煩わしいなら我慢する』になります。カピンコなら使う予定が有っても無くても『とりあえず持って行く気分』になれます。

  《コンパクトな収納》         《便利さいろいろ》

自然災害緊急避難グッズとして

近年、全国的に自然災害が頻発しています。地震、土砂崩れ、河川の氾濫、火山の噴火・・・。

 いつ、どこで突然の避難生活を余儀なくされるか誰にも想像できません。旅先で巻き込まれるかも知れませんね。カピンコは超コンパクト。携行には全く邪魔にならないのでイザという時に備えて常時携行していると便利です。

 

カピンコの本体形状

【注意】寸法や縦横比などは正確ではありません。

    都合により記号等の表示は省略してあります。

カピンコの組み立て方

---動画予定---

折りこみ①

破線の長方形Aを中心にしてa部を裏側から回り込むように一周させて先端をスリットCに▼矢印方向から差し込む(左図)
とグリップ主部完成。(右図)

折りこみ②

 

B部を裏側に丸め込むように折り返してb上部を上側スリットに、b下部を下側スリットに差し込んで表側に出し(図3)、

折りこみ③

D部のコ字形切片gを裏側に折り返して対面位置にあるB部のスリットeに挿入し図中グレーで示す方向に固定するとグリップ
が完成。
グリップが完成するとホルダーとしてのカピンコも同時に完成。

サイズ調整法

容器の直径に応じて切片hを白矢印方向に折り返す様に1~5の小スリットに差しこむことで直径の調整ができます。

※切片hを足袋の留め具の様に小スリットに引っかけて止める要領です。

商品イメージ

ヘッダー付き透明袋に取説印刷した台紙と共にカピンコPPシートを包装した商品イメージ。
カピンコの商品イメージ

※商品例は全国版用《鉄道シリーズ》。地域版は各地域を走る鉄道になります。

カピンコデザイン例

カピンコ普及の真の目的

カピンコ普及状況地図
カピンコ普及状況地図

カピンコ鉄道今日はどこまで延びた?

カピンコ鉄道網マップへ

今回開発のカピンコには大胆にもポケットティッシュ並み気軽さを追求しました。
その”ポケットティッシュ並み気軽さ”を追求した結果実現したのが“ティッシュカバーとしても使えるティッシュ&カップホルダ―カピンコ”です。

 

ポケットティッシュの小さくて保管に場所を取らないと云う長所は、逆にイザ使おうと思った時にどこにしまったのか探すのに慌ててしまうと云う短所にもなっています。

 

カピンコの本体はボックスティッシュ程大きくもなくティッシュとペアで適度に目立つ大きさで保管できるので、何かとティッシュを必需品とする機会の多い、そしてカップをシッカリ持てない高齢者や子供にとってはイザという時でもティッシュの保管場所を慌てることなくすぐに見つけ出すこともできるので困ることはありません。


これなら“同じティッシュカバーとして使うならホルダーになるカピンコを使ってみたい”と考える人が出てきても不思議ではありません。

今まで“カップホルダーを使わないのが当然”であった人たちが“カピンコを当然のように使う”と云う作法を全国に普及し、面白さを通して社会に貢献したと云う実績を残したい、これが本プロジェクトの真の目的です。

これが実現すれば従来煩わしさ、面倒くささのため“自ら放棄してきた快適な飲食”が一転して可能になる食文化上の事件?といえます。

ホルダーを使わない食文化から使う食文化と云う全く逆の文化の創造であり果たして実現するのか否か、気の遠くなるような挑戦でもあります。

意外な使い方

いかにもアイデア大 好き人間が考えた物とわかる代物で、単純そのものでありながら1枚のシートの中にサプライズなアイデア満載です。逆にあまりに単純すぎて『これが何でホル ダー?』のお茶のみ話の話題提供にもなる面白グッズでもありますのでコミュニケーショングッズとしての利用もお薦めできます。名刺交換時に活用すると初対 面の人とも一気に打解けること、自信を込めて保証します。

カピンコ普及のお願い

製造及び販売会社様のご協力、ご支援も不可欠の大構想ですので関係企業様のご応募も同時にお待ちしております。

 

 カピンコはデザインにマッチした地域振興、町おこし的に利用される展開を想定しております。

 どこにもない日本発世界初の独占製品ですので背景を代えれば地域独特の観光土産になります。

 また、サプライズ満載の面白グッズでもありますので贈り物やノベルティなどにご利用されますと『もらって嬉しい一品』として喜ばれます。

 

 関心持たれた地域の業者さんのお問い合わせもお待ちしております。